学生だからできる!語学力を生かして翻訳バイトをしよう!

最近、文系学生の中で人気が高まってきているのが翻訳のバイトだそうです。
特に人文系の学部に所属する方にとって、自分の専攻としている言語の翻訳は学業にも繋がり相乗効果があるからでしょう。

グローバル社会が進むなかで、多国間ビジネスを行う事業者がいる限り、翻訳という仕事は必要とされます。しかし、言語の習得は簡単なものではないため、一般的なアルバイトの時給よりも高い給与が支払われることが多いです。

ひたすら自分の持っている知識と経験で、他人が必要としている言語の仲介をするわけなので多言語で成り立っているこの地球上でグローバルなビジネスをしようと考える人がいる限り、この職業は必ず必要とされます。また、誰にでもできるわけでは無いので、報酬も決して悪くはありません。

自分のスキルを活かしたい学生はやってみよう

自分のスキルを伸ばしたり、持っているスキルを活かしたアルバイトがしたいという学生の方は多いと思います。
特に語学を学んでいるのでしたら、一度は翻訳の仕事をしてみましょう。今学んでいる学問を具体的に使用することは、ある種の力試しでもあり、勉強の復習でもあり、そして収入まで生むのですから、やらない理由はないですよね。

現在大学などで特定の語学を学んでいる人は、当然それが得意分野であったという理由とともに、将来はその得意な言語を活かして就職したい、と考えていると思います。そんな人にとっても、実際の実務経験があれば就職活動に有利に働くでしょう。

理系学生も翻訳のバイトあオススメ

言語以外に特定の分野に強い人はさらに重宝されます。その意味では、時間に追われているような理系学生の方にも翻訳バイトは自分の時間で、かつ好きなときにできるオススメのアルバイトといえるでしょう。

学術研究書の翻訳や、専門分野の企業のウェブサイトの翻訳作業など、それぞれの専門分野の用語の意味を日本語で知っているか、いないかでは圧倒的に作業効率も変わってきます。

実際に医療系の学生がインバウンド向け資料の翻訳を行った際には日本語で医療用語がたくさん並んだウェブサイトを、綺麗に英語に翻訳していらっしゃいました。その際の給与も一般的なアルバイトの3倍程度であったそうで、言語にプラスで専門分野の知識を持っていることは強みになり、かつ効率的な仕事をすることができます。

翻訳バイト、どこで探せばいい?

現に、インターネット上のアルバイトサイトで翻訳アルバイトを検索するとかなりの数がヒットされます。
その多くは他の学生アルバイトと比較しても高めの時間単価で魅力的です。しかし、どのサイトを使用すれば良いのでしょうか。オススメはクラウドワークスランサーズといった大手のクラウドソーシングサービスです。これらは案件数がとても多く、かつ企業からの継続案件もあるため一般的なアルバイトよりも短時間で高収入を得ることができます。

また、学生アルバイトであれば
ikkaiもオススメです。クラウドワークスランサーズは案件数が多い代わりにそれだけユーザー数も多いです。全く実績、経験のない学生が応募しても採用してもらえないことは少なくありません。
ikkaiであれば学生に仕事を任せたい企業が仕事を掲載しているので、仕事の成約率も必然と高くなるでしょう。

ikkaiで実績と経験を積んで、それを持って同時にクラウドソーシングサービスでもお仕事を受注していくというのが理想で、良いアルバイトになりそうですね!ぜひ文系の学生も、理系の学生も翻訳バイトしてみましょう。